メタル素材のメガネ

メガネのフレームに使われるメタル素材の種類

メガネのフレームには、様々な素材が用いられますが、大きくはメタル素材とプラスチック素材、その他の天然素材に分かれます。メタル素材と一言で言っても、その金属の種類は実に様々です。金属の種類によって、デザインや雰囲気、またかけ心地なども変わってきます。 メタル素材の中でも一番メジャーなものは、「チタン」です。軽さと強度、耐食性を兼ね備えていて、アレルギーも起こしにくく、アクセサリーにもよく使われている素材です。 「ニッケル合金」は、昔から使われています。チタンよりも少し重みがあります。比較的安いメガネに使用されたり、装飾目的に使われることもあります。 「βチタン」素材は、普通のチタンに比べて弾力性があります。そして、チタンの軽さや強度、耐食性ももちろん兼ねています。テンプルという、顔の両側面・耳にかけるパーツに使用して、レンズフレームは別素材を使用するケースもあります。

メタル素材のメリットとデメリット

メタル素材のメガネは、チタンなどの金属が使われているため、軽さ、弾力性、そして錆びにくいという特徴を備えたものがほとんどです。また、プラスチック素材のセルフレームに比べると、素材が少ないため、フレームは細く軽いものを作ることができます。そのため、軽い着け心地、顔にフィットしやすい着け心地となります。さらに、セルフレームより汚れにも強く、長持ちさせることができます。 メタル素材にはデメリットもあります。まず、メタル素材は金属でできているため、金属アレルギーの方は注意が必要です。チタンやチタン合金などの素材は、アレルギーが生じにくいと言われていますが、まれにアレルギー反応が出てしまう人もいます。金属アレルギーの症状があるけど、メタル素材を選びたいという方は、購入前に必ず素材を確認し、パッチテストなどによってアレルギー反応を起こす金属を把握しておきましょう。

© Copyright Glasses Frames All rights reserved